ウッドデッキを自宅に取り入れるなら専門業者に依頼が得策

塀の施工方法

家

3種類の代表的な塀

戸建てに住んでいて新たに塀を取り付けたいと言う方や、住宅新築時に取り付けたいと言う方は、千葉でも少なくありません。塀の取り付け作業は、簡単なものであれば自分でできますが、大掛かりな工事は千葉のエクステリア業者に依頼しましょう。塀の一つに日本古来のエクステリア、竹垣があります。和の要素が強いですが、竹の組み方や合わせる植物によって洋風に仕上げることもできます。竹は自然素材で環境に優しく、リーズナブル、なおかつ竹垣は自分で設置することも可能です。強風でも倒れないように木の杭を柱にして作るといいでしょう。木の杭は地中50cmから60cmの深さに打ち込むことを目安にして、土の固さや風の強さを考慮して杭の数を決めます。また、ブロック塀も古くからあるエクステリアの一つです。千葉では近年あまり見なくなったエクステリアですが、ブロックを積んだ上にカラーモルタルを塗ったりタイルなどを貼ったりして仕上げている塀は意外と多いです。ブロックを積む前には、土を掘ってコンクリートを流し込み基礎固めをします。その基礎の上にブロックを積んで行き、鉄筋とコンクリートを入れて補強します。その上に加工を施せるので、割りと自由なデザインが可能です。そして、近年千葉ではコンクリート塀を見かけることが多いかもしれません。塀を設ける場所に型を作って流し込み固めるだけですが、好きな形に作れるという点が人気です。工期は竹垣が一番短く、コンクリート塀が一番長いです。