ウッドデッキを自宅に取り入れるなら専門業者に依頼が得策

家と街をつなぐ

一軒家

住宅の設計と同時に進める

住まいの印象を左右するエクステリアは、近年、都市景観という概念と共に新たな役割を担うようになりました。千葉ではエクステリアは住まいと街をつなぐ役割があります。たとえ自分の敷地内であっても、千葉の景観を無視した独創的すぎるものは、道を歩く人にとって気持ちの良いものではありません。エクステリアを考える時には、1つ1つの住宅が千葉の街の形をつくっていることを肝に銘じて、周りと調和した美しいものになるように気をつけたいものです。そして、同時にエクステリアは住んでいる人の趣味やライフスタイルを反映します。その際のポイントになるのが、千葉の暮らしにゆとりを与えるガーデンスペースです。住む人の個性が出る場所ですから、家の中と同じくらいこだわりを持ってプランニングするよう心がけましょう。エクステリアにはもう1つ住まいの機能を支えるサービスヤードとしての役割もあります。駐車場や物置などの収納空間として、また、物干し場や日曜大工の作業場として様々な役割のある場所ですから、それが実際に使いやすいものかどうかを考えることも必要です。家の間取りと同じように活用法や機能を明確にして全体をイメージするようにしましょう。エクステリアのプランニングは住宅の設計と同時に進めるのがベストです。予算がないから後でゆっくり考えよう・・・という人もいますが、庭は建物の位置に影響を受けますし、アプローチや駐車場などは家の基礎とも関係します。そのため敷地内にどう家を建てるかを考える時にエクステリアについてもトータルに考えましょう。